確実に行こう

アラフォーに片足を突っ込んでしまった > 地域 > 確実に行こう

確実に行こう

2014年9月11日(木曜日) テーマ:地域

現実にノートパソコンのディスプレイの前で休むことなく上がったり下がったりしているマーケットをご覧になっていると、売買をしたくなるという思いが沸き起こる人も多いと思います。

 

しかし、はっきりしない思いつきで売り買いをするのだけは、絶対にしてはいけません。

 

知っての通り、市場は終日いつでもいずれかで為替相場は変動しているし為替相場もいかなる時でも変動している。

 

しかし、考え無しに売り買いをしていると、その分マイナスになる可能性が上がってしまいます。

 

無論、トレードの数を重ねることによって、トータルで勝利する可能性が半々に近づくのは事実です。

 

けれどもこれは「明確でないインスピレーションでエントリー」とは別の話だ。

 

注文回数を積む意味というのは、自分で「ここで勝負」と感じた時機を得られたうえでの取引回数を増やすという事を言っています。

 

何となく、絶え間なく売買を積むのとは明確に違います。

 

外国為替相場の駆け引きに立ち向かうためには、メリハリをつけることが不可欠です。

 

「ここだ!」と感じた外国為替市場の時には思い切って所有ポジションを多くして、思い切り利益を求めます。

 

「悩ましい外国為替相場で、どう変化するのか読めないな」と思い至った時は、所有ポジションをすべて閉じて何もせず静観します。

 

このくらいのテンポでやった方が注文は勝利します。

 

相場の金言には「休むも相場」というものがある。

 

文字通りその通りです。

 

為替とは、常にポジションを所持する事が重要ではなく、売買ポジションを所持せずじっとしていることも場面によっては、相場なのである。

 

じゃあ、どういう場面で休む必要があるのでしょうか。

 

ひとつは、前述の通り、現在の市場が具体的に良く見えない時です。

 

これから上がるのか下がるのか決める事が出来ない時は分からないまま行動すると、自分の思い描いたストーリーとは逆に外国為替相場が動いてしまい、損失を被る事になります。

 

そのため、こういった状況ではポジションを減らして、何もしないで様子を見ているのが最善の策です。

 

ふたつめは、自分自身の体の状態があまりよくない時です。

 

体の具合と外国為替市場に関係がない感じる投資家もいるでしょうが実際には関係があります。

 

体の具合がよくなければ市場の肝心なところで、必要な決断を下すことができません。

 

関心がわかない時は、市場から離れてみるのも大事なことだ。

 



関連記事

離婚後3年過ぎた時点で...。

離婚後3年過ぎた時点で...。

2016年9月20日(火曜日)

確実に行こう

確実に行こう

2014年9月11日(木曜日)

テスト

テスト

2014年9月 3日(水曜日)